MENU

マカの服用とホルモン分泌障害

 

マカにはアダプトゲンとしての性質があって、ストレスへの抵抗を高める期待があるので、更年期障害やトラウマ、精神的や肉体的な疲労に良いとされていますが、服用をするときにホルモン分泌障害を患っている人は注意が必要になります。それは、アダプトゲンの性質がホルモンに影響を与えるからです。

 

ホルモンバランスを整えるとして紹介されているマカですが、気分のムラがある人や女性ホルモンの乱れそして月経のトラブル、男女の更年期障害などの時には良い方向に作用しやすいですが、甲状腺疾患を患い成長ホルモンなどの分泌に異常が出ている場合にはより症状を悪化させる可能性があります。マカは植物であるため体にやさしいと考えがちですが、様々な栄養成分が入っており、滋養強壮にも用いられたりするほどですから、影響を受けやすいと考えるべきです。

 

医師から処方されている薬の効果を阻害したり、逆に効きやすくしてしまう可能性もあるのでホルモン分泌疾患がる人は、マカの服用が体に適しているか担当医に確認してから摂取を検討するべきです。マカの摂取をしていて、不眠や頭痛それから体重の増減など著しい変化があった時には、ホルモン分泌に支障が出ていないか調べてもらうと安心です。

 

 

やっぱりシミをなくしたい

 

普通のシミもたくさんありますが、女性特有の肝斑というシミも両頬に出来てしまっています。
普通のシミだと思っていたのですが、エステへ言った時にこれは肝斑というシミだよと教えてもらいました。

 

肝斑とは、左右対称に両頬の上のあたりに出来るシミの事です。ホルモンバランスやストレスなどで、出てきたりするのですが妊娠時に濃くなったりする傾向があります。
私の場合は、妊娠前から肝斑が出ていたので、ストレスが原因かな思っています。生活リズムがよくて体調がいい時は肝斑が薄くなってきます。

 

逆に、ストレスや疲れが溜まったり、生活リズムが悪い時期には肝斑が濃くなってきます。このとき、友達に最近シミが濃くなってきたんじゃない?
と言われたりします。そう言われると気になるので、洗顔後に顔を見る度にショックを受けてしまいます。

 

今は、そこまで濃くないのですが、やっぱり気になるのでシミをなくしたいなと考えています。エステに通うか、美白用の基礎化粧品を使い始めるか考え中です。