ゼニカルと入浴ダイエット

 

 

入浴によってダイエット効果を得るためには3つのポイントというものがあります。
このポイントをしっかりと守ることによってダイエットの効果は全く違うものになります。

 

そのポイントは、お湯の温度に深さ、入浴時間といったものです。
目的に合わせるようにしてこの入浴時間を調節すればダイエット効果を高めることができるといわれています。

 

その中でも最大の決め手となっているものが温度になります。
入浴時の温度として適しているものは38度から40度だといわれています。
40度よりも熱いお湯に入ると身体は目覚めて代謝がアップします。
そして38度程度のお湯であればリラックス作用を高めることができるといわれています。

 

ただし、お湯の温度が高ければ高いほど身体にかかる負担が大きくなります。
そのため、熱くすれば良いというものではない、ということを十分に理解しておくようにしましょう。

 

3つの要素をしっかりと組み合わせることによって健康的なダイエットをすることができるはずですよ。
ダイエットのために、夕食の前に熱いお風呂に入るようにしてみましょう。
熱いお湯の作用によって胃の働きは活性化されるので無理なく食事の量を減らすことができますよ。

 

このお風呂のダイエット効果を高め、尚且つゼニカルを服用することで、効率よくダイエットをすることができるはずですよ。